triBlog

トリアナのブログ。

マーケティング

Googleアナリティクスを使ってみよう 〜 コンバージョン編 〜

3年ぶりに開催された近所のお祭りに行きました。 イカ焼き美味しかったです。良いおつまみ。
はるな
はるな

こんにちは。

前回に続いてGoogleアナリティクスについて書いていきたいと思います!

前回の記事はこちら ↓

今回は、前回ちらっと触れたコンバージョンについて。
そもそもコンバージョンってなに?という人のために、簡単に説明していきます!

コンバージョンってなに???

コンバージョン【Conversion】:転換、変換などを意味する英単語です。

潜在顧客から見込み顧客への転換など、Webを通じてユーザーに働きかける様々な変化をWebマーケティングでは「成果」として測定します。

コンバージョンって何を設定したらいいの???

コンバージョンは「成果」を測定するものですから、ECサイトの商品購入はわかりやすいですね。

採用サイトであるなら、フォームからのお問い合わせ説明会の予約だったりします。

Webサイトの効果測定や、広告費との費用対効果の測定などにとても役に立つ指標です。

▼コンバージョン率の一例

▼コンバージョンしたユーザーの流入元

こんな時はどうしたらいいの???

「お問い合わせが増えることも重要だけど、自社のサービスの良さを知ってもらいたい・・・!」

最近話題になっているGoogleアナリティクス4(GA4)では、エンゲージメント率を測ることができます。
エンゲージメント率とは、サイトに訪問した人の中で、長くページを見てくれた・複数ページを見てくれた人がどのくらいいるのかを測る指標です。

また、ユーザーがどこまでスクロールしたか、といったこともわかります。
今まで別に設定が必要でしたが、アナリティクスの中で設定・確認ができるようになってとても便利です。

「難しい数字はわからないけど、自社のサイトにどのくらいの人が来ているのか知りたい・・・!」

とても重要なことですね。
Googleアナリティクスでは下記のような形で確認することができます。

▼月の訪問ユーザーの一例

グラフでわかりやすく表示されています。
その他にも、

・人気のあるページをランキングで見ることができる
・ユーザーがよく訪れている時間帯
・訪問ユーザーのパソコンとスマートフォンの比率

など、便利な機能はたくさんありますので、気になる方はぜひご相談ください♪

最後に

サイト分析や解析というワードを聞くとハードルが高くなってしまいがちですが、Webサイトは作ってからがはじまりです。
この機会にGoogleアナリティクスの導入・活用をしてみませんか?

トリアナではGoogleアナリティクスの使い方のレクチャーや、毎月のページビュー(閲覧)数などをレポートにしてご報告させていただくことも可能です。
ぜひご相談ください!

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

はるな
はるな ディレクター

人生曲がりに曲がってwebディレクターに落ち着きました。

はるな ディレクター

人生曲がりに曲がってwebディレクターに落ち着きました。

ページ上部へ