triBlog

トリアナのブログ。

WEB制作
ディレクション

Whim

カーマは気まぐれ
しげの
しげの

前回のブログで引用したこちらの記事WhimsicalというWEBサービスが紹介されていた
Whimsicalという単語がどうも引っかかっていた。

そもそもWhimsicalという単語を知らなかった。

調べた。

「ウィムジカル」

気まぐれ

とりあえずWhimsicalというサービスのサイトにGo。

サービスの雰囲気を掴むためには、キャッチコピーを読めば大体わかる。

Think together. No office required.

なんか前回のブログが被るな。Together
やはり、コロナが僕らの仕事を変えたのか(大分はそれほど影響ないけど)

何が出来るんだろう?

Whimsicalで出来ること

Docs

https://whimsical.com/docs
ドキュメント作れるっぽい

Flowcharts

https://whimsical.com/flowcharts
その名の通り

Wireframes

https://whimsical.com/wireframes
その名の通り

Sticky Notes

https://whimsical.com/sticky-notes
本日話題のTrello、カンバンボード

Mind Maps

https://whimsical.com/mind-maps
その名の通り

上流工程で使用するツールの詰め合わせだな、これ。
その中からWireframesを使ってみた。

WireframesはWFが早く書ける

いい。WF制作のスピードが断然早まった。

理由1.パーツが準備されている

自分で矩形を作ったりする必要がない。
でも、これはXDやFigmaのプラグインにもある。

理由2.選択肢が少ない

これがデカイ。
フォントサイズがXS〜XXLの6種類。
WFを作っている最中についついフォントサイズに拘って、情報設計というWF本来の目的から逸脱することを防げる。
どこに何を配置するをシンプルに形にしたものがWFだ。


フォントカラーの選択肢も少ない。
選択肢が少ないから悩まない。
だから早い。

理由3.最小単位が4px

カーソル移動の最小単位が4px、Shiftを押しながらだと48pxの移動になります。
地味に便利。
ちなみに拡大率100%以上でグリッド?ドット?が出ます。
その最小単位が4pxです。
8の倍数だと便利って何かで読んだので、良く出来てると思います。

こんなWFが作れます。

クライアントとの打合せや、デザイナーとのコミュニケーションには十分なクオリティじゃないでしょうか。
「思考の速さで〜」と謳っていたAdobe XDの存在価値が薄まるなーと思いました。
(でもXDはデザインツールとして市民権拡大中ですけどね)

次々と生み出されるサービスに触れる度に行ったことのないアメリカ西海岸の風景が思い出されます。
オン・ザ・ロード。
(Whimsicalが西海岸発のサービスなのか知らないけどこんな事書いてます)

 

バイバイ。

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

しげの
しげの 執行役員

モットーは「メメント・モリ」。クライアントの課題を知恵とアイディアで解決していきたい。そして盛大に打ち上げをしたい。ご連絡お待ちしております。

しげの 執行役員

モットーは「メメント・モリ」。クライアントの課題を知恵とアイディアで解決していきたい。そして盛大に打ち上げをしたい。ご連絡お待ちしております。

ページ上部へ