triBlog

トリアナのブログ。

WEB制作

読んでよかった専門書籍 WEB制作編

図説の解りやすさが本を選ぶポイントです。
ライター画像
ふじわら

こんにちは。
以前、おすすめのデザイン書籍を紹介しましたが、今回はWEB制作編です。

HTML5+CSS3の新しい教科書

この本は「そもそもWEBサイトはどうやって表示されているのか」という解説から始まり、
HTML・CSSの基本ルール、フォームの仕組みなどを12章構成でまとめてくれています。


amazon.co.jpより引用

項目ごとに理解すべき課題(テーマ)と押さえるべきポイント(まとめ)が設けられていたり、
本文中に出てくる単語に対してもちゃんと説明が付いていたり、
WEB制作の入門書として、読者にとって解りやすい工夫がたくさん。
個人的には、章ごとに色分けされているので、飽きることなく読めたのも良かったです。

私が持っていたのは、2013年に発売されたものでしたが、
2018年8月に改訂新版が出たようです。

WEB制作に関しては、日々情報が更新されていくので
改訂版さえも最新ルールとは言えない可能性もありますが
まずは基本を身につけたい!という方にはお薦めな1冊です。

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

ライター画像
ふじわら webデザイナー

主にデザイン業務を担当してます。 中でもバナーなど細かいものを作るのが好きです。

ライター画像
ふじわら webデザイナー

主にデザイン業務を担当してます。 中でもバナーなど細かいものを作るのが好きです。

ページ上部へ