triBlog

トリアナのブログ。

コラム

2020年の麺活をふりかえる。

今年もよろしくお願いします。
ライター画像
おおくぼ

麺が好きだ。
ベストオブ炭水化物はダントツ『麺』である。
うちは父親が米を作っているため、母親から「親が米を作ってるんだから、米を食え」と言われるが気にしない。

その昔、炭水化物抜きダイエットをして少々痩せたのだが、チートデーと称して口にしたラーメンの美味しさに震えた。
いつ死ぬかわからない。
もしダイエットを続けていれば、死ぬ瞬間にこう思うだろう。

「なんでもいいからすすっときゃよかった。」

ダイエットはやめた。体重は元に戻った。

うどん、そば、ラーメン、パスタ、ビーフン、フォー、クスクス。
ありとあらゆる麺が好きだ。
海外にいけば、現地の麺を食べる。
I love noodles.
予定はないが、次のバンド名は『ヌードルズ』にしたい。

ちなみに11月11日は麺の日らしい。

11月11日の1を並べると1111となります。
つなぐことで「細く、長く、末永く…おつき愛、長寿の意味も…」
また、麺を食べる姿は「つるつる(鶴)、かめかめ(亀)」
1がたくさん並ぶ11月11日は大変縁起の良い「めんの日」なのです。

出典:全国製麺協同組合連合会

§

昨年の正月、急に思いついた。

「そうだ、食べた麺を記録しよう。」

もっと他に考えることはないのかと思うが、ひらめいたのだから仕方がない。
ルールは種類を問わず外食の麺のみを記録する。

その日からとにかく外食をするときは、麺を選ぶことに留意し続けた。

くら寿司に行けばラーメン。
ゴルフのランチはうどん。
飲みのシメにそば。

食べ続けた結果、2020年に食べた麺は105麺だった。
105麺。
月平均8.75麺。
だいたい週に2麺。

心がけて食べた結果がこれだから、普通はもっと少ないかも。
家で食べた麺を足すと、ものすごい数になるだろう。

2020年のベストオブ麺はこちら。

昨年末に惜しまれながら閉店した、城崎町 藪庵の『ごぼ天そば定食』。
会社が近いこともあり、よくランチにでかけた。

何度この定食を食べただろう。
特に二日酔いの日は、澄んで胃に染み渡る出汁に癒された。

もっと美味しいそば屋はあると思う。
でもお店の雰囲気もひっくるめて、なんだか好きだった。

だから12月中旬に知ったときはショックだった。
もっと食べておけばよかった。
心の底からそう思った。
他にもメニューはあるのに、ほぼごぼ天しか食べていない。
それから、なるべく足を運び、ごぼ天以外のメニューも食べた。

12月28日。
ラスト藪庵にでかけた。
先客は常連さんらしき方達が1組。

常連さんがお会計をしながら、おばちゃんに言葉をかける。
「いままでありがとな。」

「お待たせしました。」
運ばれてきたのは『山かけそば定食』。
しんみりした気分を、ピンクのかまぼこが明るくしてくれる。
山芋は飲み疲れた胃を優しく包んでくれた。
主役級のサイドメニュー、かしわめしも最後までいいアシスト。
しみじみ美味しい。
たくあんをかじり、ポリポリという音を聴きながら、気持ちにけじめをつけた。

お会計をして、おばちゃんと最後の挨拶をした。
「ごちそうさまでした。」
「ありがとうございました。」

ガラガラと少し重い引き戸を開け、古びたのれんをくぐる。
もう二度とここに来ることはない。
もっと気の利いた挨拶ができなかったのかと思ったが、あれでよい。

今年の麺活の最後にふさわしい麺だった。
何事においても一期一会。一麺一会。
些細な出会いも大切に、大事に、2021年は過ごしていこうと思う。

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

ライター画像
おおくぼ 取締役

アクティブなオタクでスーパー雑用係

ライター画像
おおくぼ 取締役

アクティブなオタクでスーパー雑用係

ページ上部へ