triBlog

トリアナのブログ。

料理・飲食

おやつのひきだし「レーヴ・ドゥ・フロマージュ」

おやつのひきだし「レーヴ・ドゥ・フロマージュ」
このあと、ショコラもサクッとお取り寄せしました
おやつ係
おやつ係

夜の9時から3時間しか開かれない洋菓子店があることをご存知でしょうか?
今日はこの隠れた名店でようやく買えたチーズケーキをご紹介します。

今日のおやつ

みみずく洋菓子店

2018年1月にオープンした「みみずく洋菓子店」は、毎日21時から24時までの時間限定で開かれる小さな洋菓子店。
神戸の老舗洋菓子メーカーであるモロゾフが運営している「素材にこだわって丁寧に作り上げた限定スイーツと豊かな時間を過ごすためのヒントをお届けするオンラインショップ」です。

みみずく洋菓子店
https://shop.morozoff.co.jp/contents/mimizuku

レーヴ・ドゥ・フロマージュ

だいぶ前から気になっていたわりに、なかなかタイミングが合わず大敗を喫していたのですが、今月「レーヴ・ドゥ・フロマージュ」が新商品と一緒に再販されるという噂を聞きつけ、アラームまでセットして、ようやく大勝利を収めました。

レーヴ・ドゥ・フロマージュ

食べ比べてみたい気持ちもあったので、えいやー!と「グリュイエール A.O.P.」と「ブリー ド モー A.O.C.」の二つともゲットしました。
パッケージはシンプルかつ上品なデザインで、すでにここからテンション↑↑↑です。
ぐりゅいえーるとかぶりどもーとかいうのはチーズの種類だそうです。よくわからないけど商品説明だけで美味しそう。
プレゼントにも良さそう・・・といつもなら言うところですが、みみずく洋菓子店のスイーツは本当に入手困難なので、コンセプト通り「自分へのご褒美」としての購入がおすすめです。

レーヴ・ドゥ・フロマージュ

蓋を開けるとこんな感じ。
みみずくのロゴマークがキラリと光ります。

レーヴ・ドゥ・フロマージュ

カードは各チーズの説明でした。
グリュイエールは原産地のスイスでは「チーズの女王」、ブリー ド モーはフランスのチーズで「チーズの王様」とそれぞれ称されているそうです。

レーヴ・ドゥ・フロマージュ
開くと丁度いい厚さで切られたチーズケーキがギュッと並んでいます。
冷凍された状態で届くのですが、解凍すると4日間しか保たないとのことなので、食べる分だけ少しずつ解凍していただきます。

レーヴ・ドゥ・フロマージュ

見た目はめっちゃチーズ。
「グリュイエール A.O.P.」の方は黒胡椒が入っていると書かれていたので、ケークサレ系のしょっぱいケーキなのかな?と思っていたのですが、味はしっかりクリームチーズでした。
ところどころ黒胡椒のピリッとした刺激があって良いアクセントになっています。
「ブリー ド モー A.O.C.」はいちじくのフルーティーさが楽しめる、なめらか食感のチーズケーキ。
個人的にはブリー ド モーの方が好みでした。
今回は撮影のために解凍・即・食だったのですが、温めて食べても美味しいとのことなので今度試してみようと思います。

ルピシア:オペラ、アールグレイ・ショコラ

みみずく洋菓子店の説明文に「紅茶、ホットコーヒー、白ワイン、シャンパンとの食べ合わせがおすすめ」と書かれていたので、ルピシアのショコラティー2種をオトモにしてみました。

ルピシア オペラ、アールグレイ・ショコラ

オペラの方はチョコレート感強め、アールグレイの方は紅茶寄りで、どちらもおいしいです。
ミリしらなのですが、今話題のツイステッドワンダーランドっぽいパッケージだなぁと思っています。こんな感じのキャラクターいましたよね?

§

さて。
ここまでご紹介してきて大変心苦しいのですが、3/1現在、

ブリー ド モー A.O.C.(いちじくの方)は完売しております・・・!!!
グリュイエール A.O.P.はまだ在庫があるようなので、気になっている方はお急ぎください。

あと、私は売り切れで買えなかったショコラ系2種も復活しているようです。
こちらもものすごく美味しそうなので、よかったらチェックしてみてください。

それではまた。

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

おやつ係
おやつ係 チーフデザイナー

オフィスのすみでお菓子を食べる仕事をしています。

おやつ係 チーフデザイナー

オフィスのすみでお菓子を食べる仕事をしています。

ページ上部へ