triBlog

トリアナのブログ。

バックエンド

【WordPress】Local by Flywheelを使ってローカル環境を爆速で構築する

「多分これが一番早いと思います」
たなか
たなか

こんにちは。田中です。

久しぶりにエンジニアらしく技術系記事を、ということで

今回はWordPressのローカル環境構築に便利なツールを見つけたので紹介します。

Local by Flywheel

導入

公式サイトにアクセスし、「OR DOWNLOAD FOR FREE」を選択します。

ダウンロードするプラットフォームを尋ねられるので、利用するプラットフォームに合わせたバージョンを選択します。

情報入力を求められる(Work Emailは必須)ので、入力します。

以上でダウンロードは完了です。

インストールについては、利用するプラットフォームに沿ったインストールを実施してください。

ローカル環境構築

それでは早速、ローカル環境を構築していきましょう。

Local by Flywheelを使えば、なんとわずか3ステップで構築が完了します。

まずは左下の+アイコンをクリックします。

サイト名を入力を要求されるので、任意のものを入力します。※今回はwp_localとします

続いて、ミドルウェアなどのバージョンを選択します。

preferred : ミドルウェアなどのバージョンが固定されたものを利用します(特に指定がなければこちらでOK)

custom : ミドルウェアなどのバージョンをそれぞれ指定して利用します(本番環境など別環境に合わせる場合はこちら)

最後に、WordPressのユーザ情報を設定しADD SITEを押したら完了です。

確認してみる

さきほど構築したローカル構築がきちんと動作しているか確認してみましょう。

ダッシュボードを見るとSite Hostと書かれた部分があるので、ブラウザのURL欄に入力してみます。

すると…

無事、ローカル環境にアクセスできました!

まとめ

いかがだったでしょうか。

本来なら、

・データベースを準備する

・Webサーバを準備する

・WordPressをダウンロードする

等々の手順が必要なところ、Local by Flywheelを利用するととても簡単にローカル環境の構築ができました。

WordPressヘビーユーザーの方は是非利用してみてください!

それでは。

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

たなか
たなか バックエンドエンジニア

ゲームが好きです。1日10時間ゲームして生活したいです。

たなか バックエンドエンジニア

ゲームが好きです。1日10時間ゲームして生活したいです。

ページ上部へ