triBlog

トリアナのブログ。

PICK UP
広報活動

みんなどうしてる?web制作会社のリモートワーク(在宅勤務)のガイドラインを公開。

伝える力を身につける
ライター画像
川野

こんにちは。

現在、8時30分。
リモートワークが始まり、静かなオフィスで書いてます。

「当社初」のリモートワークとなります。
web業界では遅いかもしれませんね。
今回は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、措置を講じました。

通勤がなくなり、電話で時間を取られず、打ち合わせの移動もない。
客観的にみれば、メリットが多いといえます。

ただ、

オフィスワーク = 効率悪い
リモートワーク = 効率良い

という風潮が苦手でした。

どちらがいいかなんて、一概に言えないでしょう。
会社の色やステージで変わるのだと思います。

いずれにしても、「やるなら、ちゃんと」です。
そのため、「目的」と「ルール」を明文化しました。

本記事では、社内向けに作ったガイドラインを公開します。

はじめに

トリアナでは、全社員を対象としたリモートワークは初となります。
導入にあたり、ガイドラインを策定しました。
「流行り」でやっては意味がありません。
より成果が求められる働き方であり、オペレーション化ができてないないと、生産性が下がります。
これを機に、さらに強い組織・個人となれるよう頑張っていきましょう!

前提

* トリアナ制作部を対象に2020/4/8(水) 〜 2020/5/6(水)までおこなう
 ※状況により延長する場合もあり

* リモートワークの勤務場所は原則自宅とする

* リモートワーク移行に伴い、評価制度の一部改定をおこなう

目的

* 今回のリモートワークは、社内における新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的とする

目標

* リモートワークを経験し、個人と組織のレベルアップを図る

* 稼働率を通常時の最低80%はキープする

ルール

* 業務開始時、休憩前後、業務終了時は共通チャットにて報告をおこなう

* 毎朝slackbotにて出勤報告、当日のタスク共有をおこなってから業務開始する

* 体調不良によるリモートワークは禁止、自己申告すること

* 朝礼や全社会議をおこなう場合は、全員参加する

* その日のうちに日報を必ず書く

* 会話のログを残す(原則チャット上、web会議などは議事録を残す)

* チャットはクローズにしない、関係者全員が見えるようにする

* DM(ダイレクトメッセージ)は使用しない

* 原則、会議等はコアタイムにおこなう(10:30〜16:00)

* 10分以内にレスポンスを返す(離席時はステータスを変える)

* 外出の予定や会議はgoogleカレンダーで共有する

* 何でも言いやすい雰囲気と場をつくる

電話対応について

* 期間中、会社への電話は川野が対応する

* 内容を確認後、各スタッフへ振り分けする

* 担当のクライアントには各自連絡する

作業環境について

* 会社支給のPCおよびモニターを自宅へ移動して環境構築、作業する

* 検証時を除き、プライベート端末は使用しない
 ※検証後は履歴を削除すること

* web会議はzoomを使用する

* リモートワークに必要なハード・ソフトがある場合は申請をおこなう

情報セキュリティについて

* 情報セキュリティルールに準ずる

在宅勤務における手当について

* 電気代・通信費手当として一律3,000円/月を支給する

* 通勤手当の支給はなしとする

経費の精算について

* googleスプレッドシートにて申請をおこなう

* 領収証はgoogleスプレッドシートに添付する

* 対面での打ち合わせ時は自家用車を使用する(ガソリン代は支給、市内は一律1,000円、市外は実費)

* 承認されたら、振り込みにて精算する

* 末締めの翌月20日払いとする

* 領収証は保管しておく

評価基準の一部改訂について

リモートワーク時における追加基準
* 仕事(売上間接貢献)
  稼働率アップのための取り組み
  問い合わせ対応

* 影響力
  リモートにおけるコミュニケーション作り(雑談タイムや定期相談会など)

* 勤務態度
  レスポンス

最後に

冒頭に書いたように、当社初のリモートワーク。
本ガイドラインも100点ではありません。
実際にやってみて、スタッフのフィードバックをもらい、改善していく予定です。

すでに、開始前に電池が必要、延長タップが必要、検証機を持って帰りたい、といった意見が出ました。
都度対応しながら、働きやすい環境を構築していきたいと思います。

期間中ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

ライター画像
川野 代表取締役社長

社長の川野です。 1982年生まれ、大分県津久見市の出身です。 営業、地域ポータルサイトの運営などを経て、2005年よりweb業界に入りました。 「webサイトは作って終わりではない、完成してからが始まり」この言葉を胸に職務にあたっています。 現在はディレクション業務をメインとして、クライアントの要望を汲み取りつつ、ユーザー目線に立ったwebサイトの提案を心がけています。

ライター画像
川野 代表取締役社長

社長の川野です。 1982年生まれ、大分県津久見市の出身です。 営業、地域ポータルサイトの運営などを経て、2005年よりweb業界に入りました。 「webサイトは作って終わりではない、完成してからが始まり」この言葉を胸に職務にあたっています。 現在はディレクション業務をメインとして、クライアントの要望を汲み取りつつ、ユーザー目線に立ったwebサイトの提案を心がけています。

ページ上部へ