triBlog

トリアナのブログ。

ガジェット

【Keychron K6】キーボードのキーキャップ交換したついでに注意点7つまとめてみた

超かわいいキーボードになりました
おくだ
おくだ

メカニカルキーボード買ったら、カスタムしなきゃもったいない!

今回はキーキャップの交換をしたので、
紹介ついでにキーキャップ交換時の注意点についてまとめてみました。

前回、Keychron K6を買ったときの記事を書いておりますので、
ぜひそちらもご覧ください!(読み終えたらまたこの記事に戻ってきてくださいね!)

交換しようと思った理由

私が買ったKeychron K6のキーキャップはABS素材といって、少しチープなんです。
長時間使用すると表面がテカってくるんですよね。
何年もすれば徐々に印字も剥げてきます。

なので、今回は上位のPBT素材のキャップに交換します。

PBT素材だと表面がサラサラしていてテカリにくいだけでなく、
昇華印字という高級なプリントがされていて剥げにくいです。

また、実は打鍵感にも影響を与えていて、
ABSがカチャカチャという音だったのに対し、PBTはコトコトっという音。

実際に交換したBefore & After

私のキーボードのビフォアフです。

Before

After

Keychron K6のデフォルトのキーキャップが、モンスターボールカラーになりました。
こころなしかシーツのしわも伸びています。
(写真では間違えて右altがはまっていますが、あとでctrlに付け替えました。)

よく見たらEscが『hello(こんにちは)』
backspaceが『think different(発想を変える)』
Enterが『one more thing…(あともう1つ…)』になっています。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんね。

『hello』はiPhoneのCMやMacintoshのイメージ画像、
『think different』と『one more thing…』はAppleの発表会で用いられていたフレーズです。

ちなみに私のキーボードには使いませんでしたが、Macintoshを彷彿とさせるキーキャップも入っていました。

今回は、Keychronの別シリーズK2のPBTキャップが販売されていたのでそれを使用しました。

K2のキーキャップセットには高さが合わないキーなどがあったので、
そこは他のキーキャップで代替しています。

P.S.
今ではKeychron K2のキーキャップで代替しなくても、
Keychron K6用のPBTキーキャップが発売されています!

キーキャップ選びの注意点

意外とあります。
これちゃんと確認しないと後悔するので1つ1つ見ていきましょう。

スペースキーの長さ

キーボードのサイズによってスペースキーの長さが異なります。
キーキャップ購入時に長さの記載があればそれが自分のキーボードと合致するか確認しましょう。

私のキーボードの場合は、『C』〜『M』(5個)と、『X』の半分(2分の1)、『<』の4分の3にまたがるサイズであることがわかります。
全部足したら6.25個分なので、サイズは6.25Uです。(1U = 一番小さいキー1個分)

何も記載がない場合は、スペースキーが1段上のキーの何個分なのかを画像で確認するしかありません。

左右のシフトキーの長さ

これもスペースキー同様にサイズ要注意です。
2.5Uや2.25Uというサイズが一般的です。

私のは左が2.25U、右が1.75Uです。
これも記載があればそれをチェックし、なければ画像を目視で確認しましょう。

キーキャップの数

キーボードはフルサイズ(100%)〜20%キーボードまで様々あります。
とくにキーの多いキーボードを使っている人は、キーキャップの数が足りているか確認しましょう。

「十字キーがない!」「Fnキーがない!」なんてことになるので、要注意です!

Mac or Win

MacとWindowsではキーの種類が違いますよね。

MacならCommandやOption、Ctrl、
WinならWindowsキー、altなどが必要です。

基本的に大きさは一緒だと思うので見た目しか違いがありません。
見た目を気にしない人はこの項目は確認しなくてもOK。

キー配列

キーキャップは基本的に海外製品が多いので、ほぼUS配列です。
たまにノルディック配列とかJIS配列、UK配列もありますがかなり少数。

自分の配列と同じか確認しましょう。
(日本語が印字されているキーボードはほぼJIS配列です)

キーキャップの形(Profile)

こちらは以下の画像がとても分かりやすいです。


出典:MIX profile “Big Bang” Ortholinear Keycap Set available on KBDfans NOW

R1〜R4、そしてSPACEと書かれていますが、Rは行のことです。
R1が1行目。

お好みに合わせて好きなProfileを選びましょう。
私が今回付け替えたPBTキーキャップは一般的なOEMでした。

対応しているキースイッチの種類

実はキースイッチとの組み合わせにも気をつけなければいけません。
(キースイッチとは、キーキャップを外した時に現れる軸のことです)

ほとんどのキーボードのスイッチはCherry MXかGateronだと思うので大丈夫だと思いますが、
たまにKailとか他の会社製だったら対応していないことがあります。

あとは、Low switchと言われる高さの低いスイッチも対応していない場合があるので必ず確認してくださいね。
(薄型のメカニカルキーボードにありがち)

キーキャップはどこで買える?

日本じゃ実店舗で売ってるところ少ないですね。基本はオンラインで仕入れましょう。

私は今回はキーボード買ったKeychronのサイトで購入しましたが、
他にはKBDfans(海外サイト)遊舎工房(日本サイト)で購入できます。
(遊舎工房は秋葉原に実店舗もあります)

まとめ

いろいろ気をつける点の多いキーキャップ交換ですが、
愛着の湧くカスタムなのでキーボード好きな人はぜひチャレンジしてみてください!

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

おくだ
おくだ フロントエンドエンジニア

睡眠・食事・運動に気をつけてます。 100歳まで生きる予定です。

おくだ フロントエンドエンジニア

睡眠・食事・運動に気をつけてます。 100歳まで生きる予定です。

ページ上部へ