triBlog

トリアナのブログ。

コラム
2019.12.18

アメリカ帰りが紹介する、英語圏の日常会話で使えるネイティブな返し方【問い掛け編】

2019.12.18
今年、映画館で映画を見た回数・・・21回でした^^
ライター画像
みのだ

Topic

今回の記事は自分に対する問い掛けに対して、簡単にイエスかノーかで答えるフランクな言い回しについて紹介していきたいと思います。

Sure

意味は

「もちろん」や「いいよ」という意味です。

読み方は「シュア」と読みます。

相手からの問い掛けに対して使うことが多く、砕けた(フレンドリーな)感じで同意することができます。

使用例①
A:
”Could you do me a favor?”
お願いがあるんだけど、聞いてくれない?

B:
Sure, no problem!”
もちろん!なんでも言って!

使用例②
A:
”You free tomorrow? Let’s hang out somewhere.”
明日空いてる?どっか行こうぜ。

B:
Sure, why not?”
いいよ、断る理由がないよ。

ちなみに「sure」は「どういたしまして」という別の意味も持っており、相手から「thank you」とお礼をされた際に「sure」とカジュアルに「どういたしまして」を伝えられます。

I’m good

意味は

「大丈夫」や「間に合ってる」という意味です。

読み方は「アイム グッド」と読みます。

相手からの問い掛けや、お誘い、要望などに対して軽く断る時に使います。
完結に伝えることができ、とてもわかりやすいです。

使用例①
A:
”You want a drink? I’ll get you something.”
飲み物いる? 何か買ってあげるけど。

B:
”No thanks, I`m good.”
大丈夫、間に合ってる。

使用例②
A:
”You okay? You look worn out.”
大丈夫?疲れ切ってるように見えるけど。

B:
I’m good! No worries!”
大丈夫!心配ご無用だよ!

Conclusion

以上、アメリカ帰りが紹介する、英語圏の日常会話で使えるネイティブな返し方【問い掛け編】について紹介してきました。

英語圏の国で旅行する際や、英語で話す友達がいたらぜひ使ってみてくださいね。

それでは、次回もお楽しみに!

記事を書いた人

ライター画像
みのだ コーダー

アメリカ生まれのアメリカ育ちです。 趣味は料理とゲーム大好きです。 特技は合気道とダンスです。 最近ハマってることは一番くじでA賞がでるまで引くことです。 よろしくお願いします。

ライター画像
みのだ コーダー

アメリカ生まれのアメリカ育ちです。 趣味は料理とゲーム大好きです。 特技は合気道とダンスです。 最近ハマってることは一番くじでA賞がでるまで引くことです。 よろしくお願いします。

ページ上部へ