triBlog

トリアナのブログ。

PICK UP
コラム
2019.4.17

トリアナちゃんのおすすめコミック Vol.01

2019.4.17
おすすめ漫画について語る回。
ライター画像
トリアナちゃんの中の人

第1回目のテーマは「中国伝奇もの」です!

そんなの横山光輝大先生の三国志しかないやん…?

ということで2016年のお正月限定でトリアナのサイトにUPしていた三国志パロディを貼っておきますね。
アクセスしたら問答無用で表示されてましたがご覧になった方はいるでしょうか。

三国志パロディ

トリアナ年末恒例の年賀状コンペにて惜しくも落選するも、敗者復活(?)で日の目を見ることができた1枚です。
勿体ないので3年ぶりにもう一度出しておきます。
ちなみにメイン画像の一部も2013年の社内コンペの時のものです。エコ精神すごい

さて本題。

トリアナちゃんの今日の1冊

一押し漫画は「キングダム」です!

キングダムとは

集英社『週刊ヤングジャンプ』にて2006年より連載開始された原泰久先生による古代中華戦国大河ロマンです。
累計発行部数3600万部以上。古くはアメトーーク!にてキングダム芸人が放送されて話題になりました。
読んだことがなくてもタイトルを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
そして2019年4月19日(金)に山崎賢人さん、吉沢亮さん、長澤まさみさん、橋本環奈さんなど豪華キャストが出演した実写版が公開されます!
古代中国って言われても封神演義しか知らんわって方でも(私です)きっと万里の長城は知ってるはず。あれです。あれを作るに至る長い序章。(雑)

ここがオススメ キングダム その1

胸熱。

とにかく熱い。展開が熱い。萌え…ちがった、燃える。

時は紀元前3世紀。大陸では100以上あった国が7つに統合され、熾烈な戦国時代を迎えていました。
主人公は下僕出身の信
秦国の若き国王、嬴政とともに大将軍を目指しながら戦乱の世を成り上がっていくというストーリーなのですが、節目ごとに怒涛のように襲い来るカタルシス。
乱世で戦う信の道程は平坦ではありません。艱難辛苦が待ち受けており、苦い敗北も耐え難い喪失も襲ってきます。その痛みを抱えてなお駆け抜ける強さに涙するのです。これぞ歴史ロマン。

「えっ50巻以上もあるん…?人におすすめするには長すぎない?」って声が聞こえてきそうですが心配はご無用。
激熱い展開の連続でダレることなく最新刊まで突っ走れます。
一週間ぐらいあれば多分読めるので是非。今すぐ読んで一緒に胸熱して欲しい。
ちょっと寝不足になるかもしれないけど。

ここがオススメ キングダムその2

キャラクターが魅力的。

主人公である信はじめ、敵・味方ともに個性的なキャラクターが揃います。
外見も性格も千差万別、でも皆かっこいい。悪役は憎らしい…たまに切ない。

楽華隊・蒙恬 玉鳳隊・王賁 飛信隊・信

最推しは楽華隊・蒙恬。玉鳳隊・王賁、飛信隊・信です。
秦国の大将軍を目指す若き3将。共に戦う仲間でありながらも、それ以上に負けられないライバルである彼ら3人のストーリーから目が離せません。
ちなみに原作での出番が先すぎて今回の実写版にはまだ出ませんこの2人。
(ゆえに鑑賞を迷っていましたが、初期ロットを買い支えるオタのごとく興行収入に貢献して次回作に繋げるべきなのでは…?)

他にも秦国から推しメンを一部紹介しときますね。
キングダム
ところどころセリフが物騒なのはともかくとして何がなんだかわからない?
原作を読んでもらおうという罠です。( ˘ω˘ )


女性キャラもみんな強くてかっこいい!
飛信隊の軍師・河了貂、副長・羌瘣。知・武ともに信を支え共に戦う仲間です。つよくてかわいい。
山の王・楊端和。山界の民族を束ねる王の中の王。かっこいい。

とまぁそんな感じにキャラクターが大変魅力的なキングダム。
さっきから魅力的しか言ってないぞこいつ。
この貧困な語彙力で良さをお伝えすることが出来たのか些か不安ですが、気になった方はこちらから。

54巻は4月19日(金)発売予定です!
そろそろamazonさんから届くと思うので早く帰りたいのですが、健全なオタ活は健全な職生活あってだと思うのでお仕事頑張ります。ソワソワ。
大分は到着が遅れるだろなんて言ってはいけない。(電子書籍にすればいいと思います)

次回のトリアナちゃんは「おすすめグルメ漫画」の予定です。次回も是非見てください。

ちなみに「キングダム」、トリアナのえらいひとの一押し漫画ですが忖度ではありません。

追記 映画観ました

実写版映画、さっそく観てきました。
観終わった瞬間に次の回のチケットを買ってました。

正直なところゴリゴリの原作信者としてさほどの期待はしていなかったんですけども期待をはるかに上回る出来でした。
キャストさん全員予想以上に良かったんですが中でも政が素晴らしかったです!
ビジュアルだけじゃなくて漂と政の演じ分けも良かった。吉沢さんすごい。

今回の映画はキングダムの中でもめちゃくちゃ最初の導入の箇所です。
これから物語が進むにつれ、盛り上がりとともにスケールもどんどん大きくなるので予算・尺ともに難易度が高くなると思うんですけども、それでも是非とも映画で次のシーンが見たい!
もし合従軍〜蕞編が映画で観れたなら・・・!いやでもその前にいくつかエピソードありますね。やれるとしたら何作目なんでしょう。

次回作に繋がって欲しいのでしばらく観に通います( ^ω^)
原作未読でも楽しめるそうなので漫画長すぎるわーという方はまずは映画を観るのもアリかと思います。その後原作を読もう!

記事を書いた人

ライター画像
トリアナちゃんの中の人 チーフフロントエンドエンジニア

漫画と食べ物が好きです。業務はコーディングが多いですがレアな切り抜き作業が一番好きです。

ライター画像
トリアナちゃんの中の人 チーフフロントエンドエンジニア

漫画と食べ物が好きです。業務はコーディングが多いですがレアな切り抜き作業が一番好きです。

ページ上部へ