triBlog

トリアナのブログ。

佐伯で餌&ルアー五目釣り。青物とまさかの高級魚編。

2019.11.21 佐伯で餌&ルアー五目釣り。青物とまさかの高級魚編。イトヨリダイ。
陸っぱりから狙うにはなかなかレアな魚が釣れました。
ライター画像
つかざき

11月某日普段は船で仕事をしている弟が下船したので久しぶりに兄弟で釣りに行ってきました。

先日の記事でもアップしましたが、大分県内全般で青物が好調なようなので今回は佐伯方面に足を伸ばしてみました。

五目釣りとは

定義は人それぞれで色々あるのですが、自分にとっての五目釣りは「とりあえず5種(五目)の魚を釣る」ということを目的としています。
今回は餌とルアーを使って五目釣りに挑戦です。

明るくなるまで餌釣り

暗い時間に着いたので、まずは餌釣りをすることに。
今回はサビキを持ってきたので、サビキ釣りから始めます。
ファミリーなどが堤防でアジを釣る時によく使われている仕掛けです。
自分もまずはこの仕掛けでアジを狙ってみることにします。

サビキ釣りについては、餌釣りといえばマルキユーのオフィシャルサイトで詳しく説明されているのでよろしければこちらをご参考にどうぞ。

餌は同社が販売しているアミ姫を使います。これ、手が汚れなくて本当に便利です。

針をつけて、カゴに餌を入れて足元にポイっと。



釣れない。
何度やっても釣れないので、思い切って海面を照らしてみるとアジの姿無し。街灯周りにも姿無し。
アジ…お前はどこに…(  ˘ω˘)
仕方がないので、街灯からちょっと離れたとこに投げ入れてみることにします。

釣れた魚① メバル

メバル サビキ 佐伯

足元では釣れないので少し遠目に投げると冬の釣りの代表ターゲット、メバルが釣れました。

釣れた魚② カサゴ

カサゴ サビキ 佐伯

こちらはカサゴという魚です。大分ではホゴと呼ばれてますね。

両方ともサイズもそれなりで美味しい魚ですが、今回はリリースします。
結局アジは釣れませんでした。

明るくなってきたのでルアー釣りに変更

空が白み始め、そろそろ青物が釣れるだろうと思ったのでルアー釣りに変更。
まずはショアジギングをしてみましたが、いまいち反応がない。
しかし沖側の海面が騒がしいので、ルアーをミノーに変え投げたところ。

釣れた魚③ サワラ

サワラ 佐伯 ショアジギ

狙い通り青物を釣ることができました。
同行した弟はショアジギングでハマチを釣ってました。

釣れた魚④ エソ

ショアジギング エソ

写真撮り忘れたので別の所で釣った写真です。
すごい数釣れました。

まさかの高級魚登場 釣れた魚⑤ イトヨリダイ

佐伯 イトヨリダイ ショアジギング

メタルジグを投げていると、まさかの魚が釣れました。
釣り上げた時に魚種がわからず弟と「誰これ??」と話していたところ、弟も同じ魚を釣り上げました。

名も知らないカラフルな魚を持って帰るのはいささか危ない(これ本当に重要)ので、Google検索とTwitterの力を使って情報を調べて見たところ、イトヨリダイと判明しました。
高級魚らしいです。へー。

魚の名前がわかって安心したところで今回は釣り終了です。

今回のテーマ通り五目釣りができたので満足です。

 

今日の料理

恒例となったこのコーナーですが、実は、今回釣った魚は家族にあげました。
(魚がまだ冷蔵庫に入ってたので…)

イトヨリの刺身・りゅうきゅう

イトヨリ 料理 

自分はイトヨリだけ持って帰り、半身を刺身にしてもらったのですが痛恨の写真撮り忘れです。(なぜかまな板に乗ったのを撮ってました。)

味だけ感想を伝えますと、刺身で食べるには少しクセがあるようでした。多分釣った時に適切な処理をすることにより刺身で美味しく食べられる魚かなと思います。
2枚ほど食べて、りゅうきゅうにしたので美味しく食べられました😋

塩焼きにして食べたらめちゃくちゃ美味かったと連絡をもらったので、熱を通した調理も合ってるかもしれませんね。

ハマチの刺身・サワラの蒲焼

イトヨリ ハマチ サワラ

ハマチ刺身

こちらは自分ではなく弟が調理したものです。
が、しかしサワラの蒲焼なる気になる料理の写真はありません。

これ見よがしにハマチの刺身の写真を送ってくれました。切り方が綺麗ですね。

今度からちゃんと写真に残そうとあらためて思いました。

 

まだまだ県内青物が釣れてる報告をSNSや情報サイトで見かけますので、釣るなら今月ぐらいまでがチャンスかもしれませんね。

今回も見ていただきありがとうございました。

ではまた次回。

記事を書いた人

ライター画像
つかざき ディレクター

釣りとねこと炭水化物があれば生きていけます。 仕事はなんでもやります。

ライター画像
つかざき ディレクター

釣りとねこと炭水化物があれば生きていけます。 仕事はなんでもやります。

ページ上部へ