triBlog

トリアナのブログ。

コラム
2019.10.7

アメリカ帰りが紹介する、知っておいて損はないアメリカの常識について【Bless you編】

2019.10.7
ブレッシング!ブレッシング!ブレッシング!ブレッシング!ブレッシング!
ブレッシング!ブレッシング!ブレッシング!ブレッシング!ブレッシング!
ライター画像
みのだ

Topic

Hi everyone:), my article today is about common sense again but with a different topic.

今回の記事はアメリカでは常識的なことでも、日本ではあまり知られていないかもしれない、
「Bless you」という言葉について紹介して行きたいと思います。

Bless you

意味は

「祝福あれ」や「神のご加護を」、日本語の近いニュアンスで言い換えますと「お大事に」と言った意味になります。

読み方は「ブレッスユー」と読みます。

正確には「God bless you」と言います、略して「Bless you」。
英語圏の国では誰かがくしゃみをすると、必ずと言っていい程、周りの人から「Bless you」と言われます。
自分も買い物中にふとくしゃみをしたら、面識のない通りすがりの人から「Bless you」と言われたことがあります。
それだけ、英語圏の国ではこの言葉が浸透しており、日常的に使うワードの一つとなっています。

How to respond

くしゃみをして全く知らない人から「Bless you」と言われた際、
”どう受け答えすれば!?”と思考が停止したり、”うん? 今、私に言った?”と戸惑うと思います。
その際は一言「Thank you!」と答えましょう。
「祝福あれ」や「お大事に」といった意味ではありますが、基本的にはあいさつみたいな気軽なものなので、然程身構えるほどのものではありません。
言われたら反射的に「Thank you!」と言えるようにするとGoodです。
もちろん自分だけでなく、人がくしゃみするのを見かけたら、「Bless you」と言ってあげると会話のきっかけにもなり得るので積極的に使っていきましょう!

Why bless you?

それでは何故「Bless you」と言うのか、それは日本で例えるのであれば、くしゃみをした際に誰かが自分の噂話をしているという迷信がありますよね。
それと似た感じで、英語圏にもそういったくしゃみに関する迷信がいくつか存在するみたいです。
その一つが、くしゃみをすると体から魂が抜け、そのまま悪魔に持っていかれると言い伝えが存在し
「Bless you!(祝福あれ!)」と唱えることで魂を元の持ち主に戻す、と言った迷信があります。
他にも、くしゃみは腺ペストの症状だと思われていた時代があり、「God bless you!(神のご加護を!)」と神のご加護を願うことで腺ペストから感染を防いだりと色々迷信が存在するみたいです。

Conclusion

以上、知っておいて損はないアメリカの常識【Bless you編】について紹介してきました。

英語圏の国で旅行する際は、何事も「Thank you!」が解決のカギ!

それでは、次回もお楽しみに!

記事を書いた人

ライター画像
みのだ コーダー

アメリカ生まれのアメリカ育ちです。 趣味は料理とゲーム大好きです。 特技は合気道とダンスです。 最近ハマってることは一番くじでA賞がでるまで引くことです。 よろしくお願いします。

ライター画像
みのだ コーダー

アメリカ生まれのアメリカ育ちです。 趣味は料理とゲーム大好きです。 特技は合気道とダンスです。 最近ハマってることは一番くじでA賞がでるまで引くことです。 よろしくお願いします。

ページ上部へ