triBlog

トリアナのブログ。

トリアナアウトドア部

都市型河川にこんな大物が?大分川で釣れる魚編

秋は釣りに適した季節ですね。
隙あらば大分川をうろつくので備忘録がてらまとめました。
ライター画像
つかざき

平日でも釣りに行きたい。
でも平日から車を出して遠くに行くのはいささかツラい……。

釣りは好きだけど都市部に住んでいて平日の釣りは中々行きづらい……という方にオススメなのが、都市部に流れる小〜大型河川での釣り。
自分は平日に釣りに行く場合はこの釣りが多いです。
今回はそんな都市型河川での釣りをピックアップしてみます。

(2020.05.07追記) 大分川シーバスの記事も書きました。よかったらこちらもどうぞ。

 

都市型河川での釣りがなぜおすすめなのか?メリットとは。

アクセスがしやすい

最初にして最大の長所はこれです。
退社後・出社前でも道具さえ持っていればすぐに釣り場にアクセスできるのは都市型河川ならではの強みです。
特に釣れやすいといわれる時間帯の「朝(あさ)マヅメ*」「夕(ゆう)マヅメ*」に釣りができるのはアングラーとしては大きいメリットとなります。
自分は基本的にはルアー釣りメインなので竿1本ショルダーバッグ(道具入れ)というシンプルな装備。これだけあればあとは自転車で釣り場までダッシュです。

*朝・夕マヅメ…魚が捕食を意識する時間帯のこと。主に日の入り・日の出前後の時間帯を指す。

魚種も豊富

え?こんな都市の中に流れてる川なのにそんなに魚いるの?海じゃないのに?
というぐらい、色々な魚種が釣れます。
釣れる魚種についてはまた後ほど。

大きいサイズの魚が釣れることも

川の上流や河口に溜まっている小魚などを補食し大きくなった魚がそこら辺をウロウロと。
大きいサイズは狙って釣るのが難しいですが、タイミングや仕掛けが合えば自分の身長の半分ぐらいのサイズの魚も釣れたりします。

といった感じで、主には「アクセスの良さ」が都市型河川釣りの最大のメリットです。
このメリットを活かし隙あらば大分川で釣りしてます(ΦωΦ)フフフ

 

大分川で釣れる魚とその季節は?

というわけで、自分がよくアクセスする大分川に絞って釣れる魚を紹介してみます。
自分はルアー釣りメインですが、せっかくなので餌釣りでも釣れるターゲットと釣れる季節も紹介。

チヌ(クロダイ)

大分川 チニング チヌ

【季節】春〜秋
春には50cmアップも釣れる河川釣りのメインターゲットその1。
ルアーでも餌でも釣れますが、手が汚れることを考えるとルアーでの釣りがおすすめ。
(でも餌の方がすげー釣れます(笑))
近年では「チニング」というルアー釣りのジャンルを確立してます。

大分川 チニング 黒鯛

個人的には次項で紹介するシーバス(スズキ)よりも釣りやすく、比較的大きいサイズも狙えるのでオススメのターゲットです。

シーバス(スズキ)

大分川 シーバス

【季節】春〜秋(その気になれば通年)
河川釣りのメインターゲットその2。
大分川ではこの魚を狙うルアー釣りマンが多いのではないでしょうか。
サイズは大小様々で

大分川 チーバス

こんな20cmぐらいのかわいいサイズから

大分川 シーバス

時には70cm近い大物まで、季節を選ばず釣れたりします。
自己記録は87cmで、いわゆるランカーサイズを過去に釣ったことがあります。
大きいサイズがかかった時の強烈な引きは一度味わったら忘れられません✨

マゴチ

大分川 マゴチ

【季節】夏〜秋
高級魚と名高いマゴチさんですが、大分川でもたまに釣れます。
基本的にはルアーで釣りますが、餌釣りで釣ったハゼやキスなんかを泳がせてたら釣れそうですね。
また、こいつが釣れたらお持ち帰り必須と行きたいところですが、サイズが30cm以下は食べるところも少ないのでリリース推奨です。

メッキ(ギンガメアジ)

【季節】春〜秋
ルアー釣りをしているとついつい釣れてしまう、メッキことギンガメアジです。
ルアーに果敢にアタックしてくるので、日中に他のターゲットを狙っていると釣れてしまうことがチラホラ🤣
しかし、稀に30cm近くになるサイズが釣れることがあり強い引きが楽しめます。

アジ

食卓で同じみのお魚も河口ではサビキ釣り・ルアー釣り共に釣れます。

ウナギ

夏が旬のウナギも大分川で餌を使って釣れます。
シーズン中はウナギ釣り師とシーバスルアーマンが並んで釣りをしている光景が見られます。
個体数は少ないのでサイズによってはリリースしてあげましょう。

愛しき外道その1:ボラ

「自分のメインのターゲットではない」「食べることも厳しい」といった魚を外道と呼びます。
(まぁ自分は釣れればなんでもいいので外道という考え方はあまりありませんが……🤣)

でも、引きが強かったり愛嬌ある顔をしてたりするので釣れたときはそれはそれで楽しい。
そんな愛しき外道たちをご紹介。

大分川 ボラ 

ボラは大分川における外道の筆頭候補。
川を眺めて、たまに「お、魚が跳ねた」という時ありませんか?
その跳ねてる魚はだいたいコイツです🤣
個体数も多くサイズも大きい
それゆえ、釣れてしまった場合はとんでもなく引きます。
使ってる竿が軽い竿だと破損もありうるので、注意したい魚です。
あと、臭いです。

愛しき外道その2:ウグイ

大分川 ウグイ

なんか水門とか流れ込みでバシャバシャしてるな〜と思ってルアーを投げると、コイツが釣れます。
やっぱり臭いです。

愛しき外道その3:クサフグ

日中にワームなど柔らかいルアーが齧られて一部破損していたら98%ぐらいでこいつの仕業です🐡

 

色々釣れるのが本当に楽しい

上記で紹介した魚以外にもヒラメキスダツといった様々な魚種がいます。
この魚種が豊富なのもナイスなポイントです。

これから涼しくなりますので、一層釣りが楽しい時期がきますね!
シーズン中は大分川のどこかをウロウロしていると思いますので、見かけたら是非お声かけを🤣

以上、大分川で釣れるお魚編でした〆

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

ライター画像
つかざき ディレクター

釣りとねこと炭水化物があれば生きていけます。 仕事はなんでもやります。

ライター画像
つかざき ディレクター

釣りとねこと炭水化物があれば生きていけます。 仕事はなんでもやります。

ページ上部へ