triBlog

トリアナのブログ。

はんずおん!ゴリゴリ開発しながら学ぶLaravel勉強会へGO!

2019.9.6
モアモストの会長さんは高校の大先輩です
ライター画像
おくだ

昔々あるところに、エンジニアの田中さんとインターンの奥田がいました。
田中さんはバックエンド業務を、
奥田はフロントエンド業務をしていました。

すると、突然田中さんは言いました。
「奥田くん、Backlogに課題立てたからあとで確認して!」

奥田は言われたとおりにBacklogの課題を確認してこう思いました。
「マジこの課題ちょろすぎワロタ」

でも、実際に課題に取り組んでみると……。

「あれ、どのファイルをいじればいいんだ……。」
「こ、こんとろーらー?もでる?」

Laravelの構成に戸惑いっぱなし。
実装の作業以上に、プロジェクトの構成への理解に時間がかかってしまいました。

そこで、

「フロントエンド担当だけども、Laravelを少しは知っておかないといけない……!」

と思い立った奥田は「実践ハンズオン! PHP人気フレームワークLaravel勉強会」に参加を決意!
今回はその様子をお伝えします😋

それでは張り切って行ってみよう〜!

概要

ゴリッと初心者向け!な内容

”初心者向けのLaravelの初期導入勉強会です! 最終的には、Laravelでのブログシステム構築を目指します!”
勉強会の様子を伝える前にとりあえず概要紹介。
connpassの文言の通り、今回は初心者向けの開催のようです。
参加前の私は「PHPはたまに書くことあるけど、Laravelはわからんよ〜〜」っていう状態でしたが、
これならイケそうだと思い、connpass上で参加申込みしてみました!

「ハンズオン」なので、実際に手を動かして開発していくみたい👀

会場は商店街のど真ん中!株式会社モアモストさん!

今回は主催の株式会社モアモストさんのオフィスが会場です!
モアモストさんといえばなんと言ってもその立地。
なんと商店街のど真ん中にあります。


(モアモストさんはココッ)

大分駅からもすぐ行けるので超便利です。私は家からチャリで行きました。
(来年から一人暮らししたい)

勉強会スタート!

進行をしてくださったのは多田さんと山中さん。
お二方とも株式会社モアモストでエンジニアをされています。

会場には老若男女問わず、いろいろな方がいらっしゃいました。
私は早めに着いたので一番前の席に座りました。
会場の席の多くが埋まりましたが、私の隣には誰も座ってきませんでした。もう心が折れそうです。

しかし、私は9連休を使ってVue.jsを学ぶ男。こんなことではめげません……!

PHPフレームワークで一番ホットなLaravel

PHPのフレームワークは色々ありますが、今一番ホットなのはLaravelとのこと。
せっかく学び始めるならこれから伸びていくような言語(+フレームワーク)がいいですよね。

勉強会などでこれから学習していくぞ!ってときに、その言語を学ぶメリットをはじめに教えて頂けるのは嬉しい限り☺️

環境構築からレクチャー

初心者向けとあって、環境構築からバッチリサポートしてくださります。
プログラミング学習者なら共感してくれるはず……。環境構築が一番ハードルが高い😇

今回はMAMP(およびXMAMPP)で開発するので、私は環境構築が不要でした。
他の参加者が環境構築している間、私は今回の勉強会のスライド内容を予習。

どうやら、ブログの管理画面の構築まで行うみたい!
4時間でそこまでできるのか……。

講師の方が徹底サポート

今回は初心者や学生の方を対象としているため、環境構築の段階でもかなり詰まっちゃう方が多かったのですが、講師のおふたりがデスクを順番に回って進捗を確認&サポートしていたのでとても丁寧な印象を受けました。

パソコンが全然動かない!なんて人にはパソコンをまるごとレンタルしていたりして、至れり尽くせり。
どこまでも心優しい勉強会👀

php artisan ◯◯が楽しい!時間を延長してザクザク開発

Laravelにはphp artisan ◯◯ってコマンドがたくさん用意されています。
これらのコマンドでログイン機能を実装したり、ブログの管理画面を作成したり😯

普段書くPHPとはまるで違っていて、なんだか新鮮な気持ち……🤤

それは他の参加者も同じだったようで、終了時間の17:00が来ても「あともう少し!」という声があり、
ほとんどの人が残って開発していました。

もちろん、用事のある方などは先に帰ってもOKなので、帰られた方も何人かいらっしゃいました。

MVCについてもちょっと解説

今回は初心者向けということでMVCモデルについては少しの言及に留まりました。
(実は奥田はここが一番気になってた)

講師の方が準備してくださったプロジェクトをクローンして開発したので、参加者はすべてのファイルを把握しているわけではありません。
なので「このファイルがコントローラーで〜……」と実際のファイルを用いて説明されてもちょっと理解が追いつけませんでした。(私だけかも)

ですが、概念的な部分ではおおよそ理解できました。(Model、View、Controllerがなんの役割を果たすか、などの大まかな内容)

初心者に大切なことが詰まった勉強会

コマンド一つでポンポンできあがったので講師の方が準備してくださっていた部分が大きいなとは思いましたが、「Laravelでできること」を理解したり、「実装する」という体験をするのはとても重要ですね。

なんでも学び始めるまではその言語やフレームワークで何ができるのかわからないし、
どんな流れで開発していくのか具体的にイメージできません。
それが学習の第一歩を踏み出せない大きな原因になり得るので、今回の方法はアリだなと思いました。
(環境構築からサポートしてくださっていたのでなおさら!)

次回開催されたらみなさんもぜひ私と一緒に参加しましょう🤗

次はMVCについてもっと詳しく知りたいなぁ。

記事を書いた人

ライター画像
おくだ インターン

UIとインタラクティブ表現に強いフロントエンドエンジニアを目指してます。自称トリアナの新しい風。

ライター画像
おくだ インターン

UIとインタラクティブ表現に強いフロントエンドエンジニアを目指してます。自称トリアナの新しい風。

ページ上部へ