triBlog

トリアナのブログ。

福岡からきた学生がインターンでtrianaさんにお邪魔してみた!

2019.8.28
ラーメンって美味しいですよね。やはり豚骨..美味....
ライター画像
はやみ

はじめに

まずは自己紹介

はじめまして!
福岡の大学からtrianaさんにインターンとして参りました。早水です!
今回はtriBlogの方を書かせていただけるということで、とても気合い入れて書きます。
よろしくお願いいたします!

trianaさんにインターン応募したきっかけ

さて、私がなぜtrianaさんにインターンとして来ているのか?
きっかけは福岡で、夏休み期間中にインターンを考えている時でした。

私は今年で大学3年生。「そろそろインターンシップに参加しなければ」という時期になったのですが、そんな時に、父から1つのメッセージが……。
内容は「WEB制作なら(私はWEBデザイナー志望)知っている企業があるからインターンシップできるか聞いてみようか?」と言う旨のメッセージでした。
「できるなら是非!」と頼み込んだのがきっかけでした。

インターンで学んだこと

PHPでWEBサイトを制作しよう!

インターンでtrianaさんを訪れた初日、私はこの2週間で1つのサイトを制作してほしいという課題を頂きました。
デザイナー志望ではありますが、大学で学んだC言語を活かす意味でPHPを用いて開発し、サイトのデザインも自分で考えることになりました。

大学でWEB制作をしたのは、授業でたったの1回(もう少しプログラミングしたかった)ですが、
trianaさんではECサイトの制作を目標にしました。

まず制作にあたり私は最初にPHPを学ぶところから始まりました。PHP未経験の私がどのようなツールを使いPHPを勉強したかと言いますと、Progate!これに限ります。
初日から2日間みっちりProgateしましたが、さすがはProgate。わかりやすくて、素早く覚えられる。これがProgateの強みとも言えますね。(初心者の方には本当に勧めたい)

結果、実作業7日間でECサイトを無事制作することができました。
PHPでプログラムを作り、レンタルサーバーを借り、自分のWEBサイトをついにネット上で公開することができたのです!

trianaさんの社内の雰囲気を体験しよう!

私はWEBデザイナーを目指している身ではありますが、WEBデザイナーが普段どのように仕事をしているのかまったく知りませんでした。
trianaさんに来て自分が一番に感じたのはオープンということ。スタッフの方はとてもオープン!とにかくオープンなのです!
なぜオープンに感じたのかというと、社内に一人一人の作業スペースに仕切りがなく(とてもオシャレ)、時間を割いてスタッフの方が私にWEB制作の手順を教えてくれたからです。
仕事中でも私を気遣ってたくさんアドバイスをしていただきました。
(社内に仕切りがないことに驚いたのは、私が「エンジニア系の社内は仕切りがありそう」という勝手な偏見を持っていただけですが……)

雰囲気はとてもオープンなのですが、落ち着いています。
スタッフの方は黙々と作業に打ち込んでいますが、鬼気迫る!という感じではなく、スケジュールをしっかり組んだ状態で余裕を持ってやるというような本当に落ち着いた感じです。
私にとってこの雰囲気はとても勉強になりました。
私もこのような雰囲気を作っていけるデザイナーになれるように努力します。

インターンでの反省点

言語の使い分けが難しかった

(最終日にはスタッフの方全員参加で制作したサイトのプレゼンテーションを行いました)

今回扱った言語がPHP、HTML、CSSでした。
HTMLとCSSは使い分けが簡単なのですが、PHPが入ってくると難しい!
C言語を学んでいたからいける!と思っていましたが、現実はそこまで甘くはなかったです。

最初は簡単と感じていましたが、ファイルが多くなるにつれて「あれ?ちゃんと繋げたのになぜ動かないのだろう」となってしまう事が多々ありました。(その都度、田中さんと奥田さんに相談し解決しました)

私なりにPHPを理解していたと思っていましたが、初歩中の初歩しか理解できていなかったと実感しました。
この反省を生かして、今後はPHPのもっと奥深いところをこれから理解していこうと考えています。(もちろんHTML、CSSも)

コミュニケーションをもう少し取るべき

trianaさんに来て一番最初に「コミュニケーションを取ることが会社で大事なことの1つである」と川野さん、重野さんに言われました。
ほとんどのスタッフの方と話すことはできましたが、中には一言しか話せなかった人もいました。
自分から積極的に質問をするべきでしたが、あまり質問や対話をする事ができませんでした。

今回のインターンでは社内でのコミュニケーションの大切さを知りました。
この反省はもうすぐ入る大学の研究室で絶対に活かせると考えているので、相談したり、受けたりできるように自分から積極的に話します。

今後のキャリアについて

今回のインターンでは、インターンの先輩の奥田さんを見て長期のインターンシップをやってみたいという気持ちがついてきました。
長期になると実務経験を得る事ができ、社内の雰囲気をもっと確かめる事ができると感じたからです。
大学でもプログラミング言語の勉強をしていますが、それだけではやはり限界があります。

実務経験を得てもっと自分をレベルアップしていくこと、そして大学の勉強もやるのでしっかりスケジュールを立ててその管理を怠らないことを重視して、
trianaさんで得た経験を絶対ムダにしないよう、次へと繋げていきます。
2週間という短い期間でしたが、大学の半期を味わっているくらい密な事をさせていただきました。

trianaさんのスタッフの方々には感謝しきれないくらいの気持ちでいっぱいです!
今まで本当にありがとうございました!

 

田中よりひとこと

今回、早水くんのインターンのお手伝いをさせていただきました。

重野さん考案のもと、仮想プロジェクト形式
(僕がマネージャ、奥田くんがリーダー、早水くんがエンジニアとしてチームを組み、ECサイトを作ってもらう)
で進めていきました。

組まれたスケジュールに対して遅れることなくこなせたこと、アドバイスに対するレスポンスの良さ、
また、最終的な成果物の出来などとても素晴らしく、教えてる側の僕も良い刺激をもらえました。
これからたくさんの選択をしていくことになると思いますが、今回経験したことで少しでも選択肢が増えると嬉しいです。

記事を書いた人

ライター画像
はやみ インターン

三浦大知によく似ていると言われるラーメン好きの学生です。

ライター画像
はやみ インターン

三浦大知によく似ていると言われるラーメン好きの学生です。

ページ上部へ