triBlog

トリアナのブログ。

PICK UP
WEB制作
ディレクション
デザイン

失敗しないホームページのリニューアルの方法

ディレクターをやっていて実際に感じたことです。
Avatar photo
てしま

ディテクターとして、日々さまざまなホームページの制作に関わらせていただいています。その中でよく起きているなと感じる『Web担当者の板挟み問題』について言及したいと思います。

全くWebの知識がない中で、担当を任され、日々奮闘しているWeb担当の方の参考になれば幸いです。

本記事をお読みいただくにあたり、以下の点をご承知の上で進めていただけると幸いです。

『Web担当者の板挟み問題』
本記事では以下のように定義する。
クライアントサイドのWeb担当者が、決裁権者と制作会社の間で挟まれている状態。

本記事は、『ディレクターの板挟み』ではなく、『企業のWeb担当の方の板挟み』に関してです。

私自身も未経験でWeb業界に入り、わからないことが多かったのでとても気持ちがわかります。

起こっている現状として、以下のような状況が挙げられます。

  • 制作会社から上がってきたものを決裁権者に確認するが、色々な要望や修正が出てくる。
  • それを制作会社に伝えるが、決裁権者の要望を100%伝えることができない。
  • 制作会社から修正が上がってくるが、決裁権者に100%で伝えることができない。
  • 意見の食い違いが起きてしまう。

これらを起こさないためには、具体的にどうすればいいかを考えてみました。

それではよろしくお願いいたします。

リニューアルの目的を明確にする

ホームページの制作、リニューアルで一番大事なのが、『目的を明確にすること』です。

例えば、『PV数を増やしたい』『集客につなげたい』『採用活動を強化したい』などです。

この『目的』が決まらなければ、その先の方向性や何を改善すれば良いかが決まりません。

逆に『目的』が明確であれば、現状の課題と理想の状態をカウンセリングすることができます。課題の解決策を考えることができ、『現在の状態A』と『理想の状態B』の乖離を埋めるご提案が可能となります。結果、求めている理想のホームページを制作することができます。

制作の目的の決め方は、弊社ディレクター川野の記事をご覧ください。

ワイヤーフレームはあくまで構成案

ホームページは、【ご依頼→ヒアリング→ワイヤーフレーム作成→デザイン→コーディング→公開納品】の流れで作ります。

この流れのさらに詳しいことは、弊社の必殺仕事人、中尾の記事をご覧ください。

ワイヤーフレームとは、ホームページのレイアウトを定める『設計図』のことです。

この『ワイヤーフレーム』と、一般に周知されている『デザイン』は似て非なるものです。

デザインとは、ワイヤーフレーム(設計図)に対して、実際にWeb上で表示されるページの見た目の制作を行います。ユーザーが見やすいように色をつけたり、図形の形を変えたりという工程はここで実装します。

実際に僕が体験したエピソードとして、ワイヤーフレームの段階で「色をつけてほしい」「この画像を変更してほしい」「図形の形を変えてほしい」という要望をいただいたことがあります。

ワイヤーフレームは、あくまでも設計図であり、レイアウトを確認するための用途で作成します。なので、色をつけたり、画像を変更したりはしません。

Web上での実際の見た目は『デザイン』の工程で作成し、確認をいただくのでご安心ください。

デザインはターゲットから逆算する

ホームページの制作の際、デザインに関してよくあるのが、“決裁権者の好みでデザインを選んでしまう問題”

これは、『ターゲットを意識していない』とよく起こります。

ホームページのターゲットが『20代女性』ですが、決裁権者が『50代男性』の方で、決裁権者の好みでデザインを進めてしまうと悲惨なホームページが完成します。

『20代女性』と『50代男性』で制作するデザインは全く異なります。

『20代女性』というターゲットから逆算して、ターゲットに刺さるデザインを制作します。

「そんなのわかるやろ」と思われるかもしれませんが、この辺りを本当に理解している人って実は多くないのです。

もちろん、納得いただける説明ができなかったりと、ディレクターの力量と舵取りによる部分もあります。

制作会社側と、発注者側のターゲットの認識の擦り合わせが何よりも重要です。

お気軽にお問合せください

ホームページ制作会社にもさまざまな種類の会社があります。

お客様の要望そのままにサイトを制作する会社。

要望を聞いた上で、成果が出るように設計をして制作する会社。

どちらが正解不正解ということはなく、お客様が何を求めているかによって適しているかどうかが変わります。

「とにかく急ぎでホームページが欲しい」

「できるだけ安価でホームページを作りたい」

という要望であれば、前者の制作会社が適しているでしょう。

「ターゲットに刺さるホームページを作りたい」

「業界、会社のイメージを一新したい」

という要望であれば、後者の制作会社が適しているでしょう。

弊社は、どのような目的でホームページを作るのかをしっかりとヒアリングした上で制作します。

目的を達成するためのご提案もさせていただきます。

ホームページの制作をご検討の方は一度お話しさせていただければと思いますので、お気軽にお問合せください。

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

Avatar photo
てしま マーケティングディレクター

強そうな肩書きが好きです。 ※肩書きはあくまで自称です。(名乗ったもん勝ち)

てしま マーケティングディレクター

強そうな肩書きが好きです。 ※肩書きはあくまで自称です。(名乗ったもん勝ち)

ページ上部へ