triBlog

トリアナのブログ。

ガジェット
デザイン

UIが優れていると感じたアプリをご紹介!

まずUIって?

UIとはUser Interface(ユーザー・インターフェース)の略です。
ユーザインタフェース設計(ユーザインタフェースせっけい、英語: user interface design)とは、ユーザインタフェースの設計(デザイン)である。

日本語に限らず世界的に英語のデザイン(design)という語は、しばしば「見た目」という意味にされてしまいがちであるが、本来の意味は、機械の仕組みなどについて言うそれと同様、ユーザビリティの作り込みといったものなどを含む工学的な概念であり、見た目などについてはグラフィックデザインのように修飾を付けて言うべきものである。

前述の誤解により、「デザイン」の目標は「魅力的に見えるようにすることを目標としていた」などとされることもある、が、そもそも誤解である。
ユーザインタフェース設計の目標はユーザがなるべく直観的にそれら商品を使えるようにすること、などとされることもあるが、設計の目標には直観的に使えること以外にも色々ある。ユーザー中心設計といったような語もある。

ユーザーインタフェース設計は、コンピュータから自動車や旅客機まで様々な製品の開発に関わる。どのような製品の開発においても、人間との相互作用という点では同じスキルと知識が必要とされるが、個々に固有のスキルや知識も必要となる。結果として、ユーザインタフェースのデザイナーは特定分野に特化する傾向がある。(wikiより引用)

 
UIはざっくりと言うと「製品と使用者(ユーザー)が接する部分」を指します。

例えば、PCに文字を打ち込むキーボードはUIの1つの形です。タッチで操作や文字入力ができるスマホアプリの設計もUIの1つです。
見ているWebサイトのUIという観点であれば「Webサイトの見た目(デザイン)や操作のしやすさ」を表します。

アプリでいえば「UIデザインがいい」=「直感的に使いやすい/使っていてストレスを感じない」のようなことだと考えてます。
上記を踏まえて、今回は私が使用しているアプリや他サイトで取り上げられていたアプリをインストールしてみて、いいなと思った点や勉強になった点など記述していこうと思います。

UIの優れているアプリを紹介

GU

ユニクロの兄弟GU。よく利用させてもらってます。
数年前からアプリを導入していますが、最近使っていてわかりやすく、かなりストレスフリーなことに改めて気づきました。

まず商品が見やすく探しやすいです。
とても品揃えが豊富なので細かく分類されていますが2列にして幅を取りすぎないようにしたり、ぱっと見て文字がなくてもわかるように画像が載ってあるのがとても親切です。

続いて商品一覧です。一見情報が多いように見えますがすごく見やすいです。


他アプリと比べてみました。

こちらもよく利用させてもらっているQ10のアプリです。
Q10は安さが売りなので数字を目立たせています。どちらも良さがありますが、やはりGUのアプリは情報量に対してスッキリして見やすいのですごいなと感じました。


こちらはシステム的な問題になるのですが商品をピックすると自分の体型が入力でき、同じ体型のお客さんがどのサイズを購入しているかなど教えてくれます。オンラインショッピングでのサイズ間違いはよくあるのでなんとも親切でありがたいことか・・・😭
革命的な機能です。

加えて商品ページの下部にはレビューや着こなし方が細かく記載されています。こちらも読むことで後悔のないショッピングに繋がります。
見やすさ、商品閲覧→購入完了までの流れの使いやすさはもちろんですが、お客様にとって嬉しい機能をつけることでアプリの満足度を大いに上げてくれるということを教えてくれたアプリです。

Pinterest

続きまして写真共有サービスのピンタレストです。
PCで見がちですがアプリの方もとっても使いやすいです。
画面に対して一つでも多くのコンテンツを表示するためか、すべて同じ大きさの枠で見せずにバラバラに配置されています。
それでいて見にくくなく、むしろ気になるコンテンツが目に留まりやすいです。そして不規則な感じが逆にデザインっぽくてすきです。

タップするとこちらの画面に移動します。
「気になる→タップする→拡大表示する/ついたコメントを見る/その画像の引用元へのアクセスする/保存する/誰かに共有する」この流れがスムーズにできるところがとても好きです。必要だと感じる流れがすべてできちゃいます。
またこの画面から下にスライドすると次のコンテンツも見られるところも、流し見ができるのでついついやってしまいます。

Catlog

次に以前ブログで紹介したキャットログ専用のアプリです。

時間軸を一直線で表し、アイコンをつけるとこでどんな1日を過ごしていたのか一目瞭然です。

ホーム画面には季節ごとにこんな可愛い画面も表示されます。
猫、癒されるもの、新しいもの、便利なもの…それらが好きなユーザーのための設計となっています。

SilentLog

最後にサイレントログです。
インストールしておくだけで歩数と道のりを自動で記録。行った場所やそのとき撮った写真を、好きなときにいつでも鮮明に振り返って楽しめるアプリです。
こちらは他サイトで紹介されていたので導入してみました。


こちらもキャットログ同様、時間軸を一直線で表しどんな1日を過ごしていたのか一目瞭然です。
位置情報をつけておくことでどこからどこへ移動したか、移動距離や手段、滞在時間、そこで撮った写真など事細かく自動で記録されていきます。

便利すぎて、日記が続かない人にいいなと思ってしまいました。
とても面白いアプリでした。
丸いオブジェクトを動かすエフェクトが気持ち良くてついつい触ってしまいます。
丸(行動)が繋がっていくことで1日の流れが形成されていくというアイディアがすごくいいなと思いました。

まとめ

普段何気なく使っているアプリでも、参考になる部分がたくさんあることに気づかされました。
また、紹介したアプリに共通していることはスッキリして見やすい、ロード時間がほとんどない、などがあげられました。

スマホの普及率に伴い直感的な操作は大分浸透し、当たり前になっています。
プラスアルファでお客様に喜ばれるような機能をつけたり、見せ方のアイディアを捻らせてみたりすることも大事なことだなと改めて感じました。
Webデザインに置き換えても、スッキリさせる見せ方など大事なことがたくさん学べたので、今後にしっかり活かしていこうと思います🔥

WEBサイトなどのご相談はこちらからどうぞ

記事を書いた人

いとう
いとう webデザイナー

1月に正社員になりました、伊東です! 精一杯頑張ります。

いとう webデザイナー

1月に正社員になりました、伊東です! 精一杯頑張ります。

ページ上部へ